スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会いたいと思う気持ちはやっかいである。 日々のこと

07.23.2010 Comment:4
生きている人に会いたいと思えば、
何とかして会えるのかもしれない、
という期待も多かれ少なかれ、持てるかもしれないけど、
この世にいない人に会いたいと思う気持ちほど
やっかいな感情はないと思う。

16歳の時に父がなくなってから、
数えきれないほど、「会いたいなぁ。」と思う瞬間がありました。

でも、会えないってどこかでわかっているので、
そういう感情が湧いてくるたびに、
とてつもない淋しさが襲って来るのです。

今でも時々、「生きてたんや。」という夢を見ます。

夢の中の父は決まって無言で、
私は「何でしゃべってくれへんの?」と言うのですが
それでも無語な父の顔が妙に淋しそうで、
目が覚めると、途方もなく切ない気持ちになります。

生きているということは、いろいろな感情と共存し、
いろんな「欲」を連れてくる。

私は大切な人を失うということがどういうことなのかを知ってから、
「生きている間は、会いたいときに、会いたい人と会おう。」と
決めたんです。

自分の人生は自分が終らせてもいいよ、って
思っているときに、都合良くは終らない。

だからこそ、時間は大切であり、
感情には素直に、
人には正直に生きたいと思っています。

会おうと思えばいつでも会える、
そう思って会わないで、いつか後悔するくらいなら、
会える努力をしようと思います。

それでも会えないときは、
じっと、我慢して、かならず会いにいきます。

133593396.jpg

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。