スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのお泊まり 日々のこと

12.19.2010 Trackback:0Comment:0
金曜日。

娘にとっては、はじめてお友達のお家にお泊まりする日。

何日も前から、ものすごく楽しみにしていて、
当日はすごいテンションが上がっていました。

引っ越し前に住んでいたマンションに、
今年引っ越してきた、新しいお友達のおうち。

同じところに住んでいたというだけではなくて、
何だかとても仲良くなったのです。
母も子も。

引っ越し前も、引っ越してからも、
私たち親子のことを、とても心配してくれて
何かあれば、いつでも「預かるよ。」と声をかけてくれる
Aちゃん。

ご近所でやっているイベントには必ず声を掛けてくれて、
お休みの日も一緒に過ごすことが多いのです。

幼稚園では子供を通じて知り合うからか、
「○○ママ」と呼ぶことが多いのに、わたしたちは自然と
名前で呼び合えるようになっていました。

それが子供にも伝染し、こどもだちもお互いのお母さんを
名前で呼んでいたりして。

そんな感じなので、特別心配してはなかったのですが、
夜、参加したいイベントがあったので、行っていたのですが、
イベント中、Aちゃんからは私が心配しないように
「お風呂入ったよ」とか「今から寝させます~。」とか
報告のメールをもらって、よりいっそう安心し、時間を過ごせました。
本当にどうもありがとう♪

朝、9時前に電話をしたら
「お昼くらいまで大丈夫やから、もうちょっと寝てていいよ。」と
言ってくれたのだけど、やっぱり迎えに行こうと用意をしていると
「もうちょっと遊びたいって言ってるから、まだいいよ~。」と
メールが。

では、と2時間延長し、11時にお迎えに行ったのですが。

まぁ、上がってと言ってくれたので、
お邪魔させてもらって、そこから母同士が盛り上がってしまい、
気がつけば3時。

お昼ごはんまで頂いて、何から何までお世話になりました。

Aちゃんとは、短い期間の中で、
本当に沢山の話をした気がする。

Aちゃんが悩んでいることも、深く聞いた気がする。

でも、私は彼女にのっかっているものを
軽くしてあげることができない。

それなのに、いつも気にしてくれて
ほぼ毎日、顔を合わせるたびに「大丈夫?」と心配してくれて、
わたしのことを、とても好きだと言ってくれる。

笑わせることしかできない自分を
ふがいなく思う。

Aちゃんの笑った顔が、とても好き。

母であると同時に、人間であり、女性である。
いろんな役割を持っているということは、
精神的なバランスを崩してしまいやすくなるということでもあると思う。

そんな中で、彼女が一生懸命に保とうとしている
いろんな役割の負担が少しでも軽くなればいいのに、と思う。
これからも、近くにいたいと思う。

初めてのお泊まりで、はしゃぎ疲れた娘は、
帰ってくると同時に、バタンキューで寝てしまいました。

私たちが引っ越してしまったことで、
仲良し二人組の6歳女子もまた、
ちがう小学校に通うことになるのだけれど、
いつまでも、仲良く育っていってくれればいいなぁと思います。

101219.jpg

最近、お気に入りのカフェ。
珈琲が薄くてアメリカンなのだけど、
なんだかとても落ち着くのです。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。