スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みみかき 日々のこと

01.10.2011 Trackback:0Comment:3
もういつの事かは定かではないけど、
ある日、娘が「おかあさん、みみかきして。」と
言ってきたことがあった。

わたしはその時ものすごく忙しくて、
本当のことを言うと
「後でいい?」と言いたかったのだけど、
何でかその時、手を止めて耳かきをしよう思った。

ひざに頭を乗せて、耳かきの体勢をする娘。
耳をみても、かいてみても、何も出てこない。

考えてみたら、数日前にみみかきしなかったっけな?と思い出す。

その時、わたしは娘が甘えたかっただけなんや、
ということに気づいた瞬間でした。

それ以来、幾度となく娘は「みみかきして」と言ってくる。
愛情が足りてないのかもしれない、と思う時もあるし、
幼稚園で何かあったのかな?と思うこともある。

耳かきをしながら、話すときもあるし、
ただひたすらに無言ですることもある。

その時々で、私なりに何かを感じ取りたいと思いながら。

今日は、娘を叱らないといけないことがあって、
話し合いをしました。

その後、私から「みみかきしようか?」と言うと
仏頂面だった顔がほころぶ。

素直にひざに頭を乗せてくる。
「おかあさんごめんなさい。」と謝る娘をみて
「ごめんなさい、って良い言葉やな~。
お母さんはありがとうとごめんなさいを言えるのは
すごくすてきな事やと思うよ。」と言うと
うん。と言っていました。

しばらく耳かきをしていると、スースーと
寝息が聞こえて来たので、随分重たくなった我が子を
抱っこしてお布団へ運ぶ。

まだまだ、子供なんやなぁと改めて思うことが沢山あります。

今年から小学生になるのに、他のお友達と比べても
しっかりしているようで、まだまだ子供やと感じます。

これからも、いくつになっても、
「みみかきして」と言ってくれなくなったとしても、
私のほうから「みみかきしようか。」と言い続けようと思います。

20110110.jpg
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。