スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者にまつわるエトセトラ 日々のこと

01.22.2011 Trackback:0Comment:0
歯医者さんほど、できれば行きたくない場所はない。

小さい頃、私はいろんな大人のひとに付いていく
気軽すぎる子どもだったそうです。

なので、ご近所のおばさま達が
「○○行くけど付いてくる?」と
お誘いもらっては連れて行ってくれたそうです。

私の記憶の中で歯医者に親と行ったことはなくて、
いつも向いのおばさんが連れて行ってくれていました。

誘い文句が決まっていて
「帰りにりかちゃん買ってあげるから一緒に行こう。」と
言われては、「うん!」と付いて行くのですが、
痛いことされるわけで、泣きじゃくっているわけで、
帰りにはりかちゃんのことなどすっかり忘れているんですよね。

でも、また同じ言葉に誘われてはついていき。。。
ということを繰り返していた記憶もあるし、
未だにおばさんに会うと、その話をされます。

どんだけあほなの、自分。

今日は歯ぎしりガードを受け取りに
歯医者さんへ行きました。

先日、友達のお家に泊まったときに
「歯ぎしりすごすぎるから歯医者に行ったほうがいいよ。」と
忠告を受けて、歯医者さんに相談に行ったんです。

そう言われて、歯がどんどん欠けている気がしていたことに
気づいてしまいました。

はぎしりって、ストレスから来てるとかで、
私みたいなタイプがストレス?と
先生に「私、ストレスないんですけど。」って言ってみたところ
「ストレスのない人なんて、ほとんどいませんよ。(苦笑)」
みたいな説明を受けました。

そんでもって、歯ぎしりをやめさせようとすると
そこにまたストレスがかかって、
今度は内蔵の病気になったりすることもある、と
説明をいただいたので、歯ぎしりガードを作って頂きました。

今夜から、装着して眠りたいと思います。
これで、少しは音もましになるのだろうか。

110121.jpg

かわいいピンク色のケースが
ちょっと嬉しかった。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。