スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー教室 日々のこと

10.25.2009
日曜日。

娘をサッカー教室の体験へ連れていきました。

おなじクラスのお母さんも興味があるとのことで、
子供(女子)2名は、待ち合わせのグランド前で
遭遇すると、大はしゃぎ。

どうするかな?と観察していたのですが、
思いっきり走り回り、イヤとも言わず、
サッカーボールになんとか食らいついていこうと
必死になっている娘。

さすが、負けず嫌いな性格が発揮されています!(笑)

サッカーをやらせてみようかと思ったのには理由があります。

うちの娘は一人っ子なので、みんなで何かすること、
譲ること、分かち合うこと、競うこと。
どれも、彼女に経験させてあげるのは、難しい。

だからこそ、団体スポーツをやらせたいと思っていました。

周りには「女の子やのに、サッカー?」と言われますが、
わたしは、サッカーが一番いいと思ったんです。
スタイルと姿勢がよくなる「バレエ」にしたらどう?と言われたり。

でも。

わたしのこだわりだけかもしれないけど、
スタイルとかどうでもよくないですか?

もっと、大切なことあるような気がするんです。

一緒に汗を流し、男も女も関係なく、
同じ目標を持って、仲間として共有すること。

かけがえのない、子供の時間だと思います。

イヤでもいつかは勉強しなくちゃいけなくなる。

いつかは字も読めるし、書けるようにもなる。

そんなことより、わたしが娘に望むことは
「元気で、優しくて、思いやりを持って成長してほしい。」
ということ。

サッカーが終わって「次からもサッカーしたい?」と
聞いてみたら、「ぜったいやりたい!だって楽しい♪」と
答えが返ってきたので、帰りに初めてのジャージを買いました。

試着した娘を見て、
「レオタードより、ぜったいジャージが似合うよ!」
と、思ってしまいました。

何てったって、健康小麦色肌生まれですから!

091027_1057~01

これから、このジャージを着て、
どんな経験をしていくのでしょうか。

楽しみです☆



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。