スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れは次なる再会のためのはじまり。 未分類

03.27.2011 Trackback:0Comment:2
金曜日の朝、友達の転勤を知って、
ぼんやりとしていた頭がはっきりとしたとき、
悲しみなのか、不安なのか、自分でも理解しがたい感情が
一気におしよせてきて、途方に暮れてしまった。

去年、うなぎを食べに行った日、
確かに転勤の話が出ていると聞いたけど、
断ってると言っていたし、何で?
なんでなん?
ただ、ひたすらにいやでしょうがなくて、
そんなことがどうにも受け止められなかった。

朝から、わけのわからないメールを何通も送ってしまい
電話をもらって声を聞いたら、また悲しみが止まらなくなった。


大好きなんや、と気づく瞬間があります。

いつもずっとそこにいてくれると信じて疑わない人が
どこかに行ってしまうとわかったとき、
どれくらい自分の心でたいせつやと思っていたのか、
と、気づいたとき、そのことをちゃんと伝えたい。

大好きやから、たいせつやから、
あなたの不在が悲しくて淋しいと伝えたかった。
こころがざわざわして落ちつかなかった。

夕方待ち合わせをして、顔を見たらものすごくホッとして、
笑っていっぱい話して、改めていなくなるんやな、って気づいて。

彼女が私の名前を呼んでくれるときの顔がとても好き。
穏やかで優しくて、懐かしくて。

わたしのブログが滞ったとき、
「楽しみにしてるのに、更新してないやん~。」と
はっぱをかけてくれり、わたしの書く文章が好きと言ってくれるから
だから、ここで書きたかった。

仕事に厳しいということは、自分に厳しいことやと思う。
いつも一生懸命で、まっすぐで、諦めない姿勢と
何にも負けないような強さを持っている、
そんなところが大好きです。

でも、きっと泣きたいくらい悔しいことも、
悲しいことも、いっぱいいっぱいあることもわかっているし、
歯を食いしばって乗り越えてきたことが沢山あっていまがある、
そのこともとてもわかるから、
だから、転勤していくのだろうことも。

会うと「京都が大好きやねん。」と言ってた顔を思い出す。
だから淋しい。

生まれて育った町と同じくらい好きになれた場所を
離れてしまうことは、とても淋しいことやから。

大好きなみゆきちゃん。

こうやって書いていると、また淋しさが襲ってくるけど、
わたしはこれからも、いろんなことがある日常を
ここで書き綴っていきます。
どんなふうに生きているか、少しでも伝わるように。

良い事も、悪いことも、
受け入れられないことも、
切なくなるくらいどうしようもないことも
いろんなことが日々を塗り重ねていくと思うけど、
それでも、描くことと向き合って、
絵を生みだすことをやめないでがんばるよ。

偶然は必然。

会うべくして出会えたことに、
こころからありがとうと思います。

まだまだ、これからなんやから。

110327.jpg

かんがえる。そしてイメージする。 未分類

02.23.2011 Trackback:0Comment:0
朝から張り切る要素満載の電話をもらった。

友達のPから、会社の名前を新しくするための
会社マーク依頼のお電話。

Pの電話ではいまいちつかめなかったけど、
その後もらったメールで、会社の方向性とか、
企業理念のようなものが伝わって来て、
「よっしゃ、がんばろう。」と思った次第です。

すっかり年も年なので、友達が経営者になっていたりする。

そして、そういう友達から会社のマークを頼んでもらえるというのは
とてもありがたいことやなぁと思う。

きっと、他にも頼みたいところがあるに違いない。
(気を使ってるのかもしれない。ね?笑)

こうやって、私がやってきたことや、
経験してきたことで、少しでも恩返しのような
そうでもないような、そういうことができるのは、
とっても、とーっても嬉しかったりします。

だからこそ、頼んでよかったって思ってもらえるものを作りたいし、
マークは会社の看板でもあると思うので、
今日はあたまをやわらかくして、
Pの会社のことを考えようと思います。

Pの頭髪の心配をしつつ、
いや、会社のイメージをしつつ、
色とか形とか、伝えたいことなどを
イメージしようと思います。

ということで、今夜の晩ご飯は
なんとなく野菜炒めを作ります。

まぜて、いためて、できあがり。

110223.jpg

今日、別のものを探していたら、
引っ越しでなくしたと思っていた手袋が出て来た。

お気に入りだったので、とても嬉しい。

どんなに好きかは少し離れてみるとよくわかる。 未分類

02.01.2011 Trackback:0Comment:2
最近、お昼間バイトをしています。
絵を描くこととは、全く違うことをしているので、
自分がどれだけ絵を描くことが好きなのか、
ということが、少し離れてみてとても良くわかりました。

毎日、当たり前のように絵を描く時間があることが
自分にとって、どれだけしあわせなことなのか、
ということを実感しています。

ほんとに好きなんやな、ってわかるには
ある程度、好きなものと距離を持つのは
大切なことなのかもしれないな、と。

学校に行ったわけでもなく、
誰かに描かされているだけでもなく、
ただただ、好きなだけで描き続けてきた絵。

昔描いた絵をひっぱりだしてきては、
直せるところを直したり、いま描きたい顔に
変えてみたりしながら、整理しています。

今日は色を付け直したりしながら、
頭の中には「魔法のじゅうたん」という言葉が
ぐるぐると回っていて、もしいま目の前に
魔法のじゅうたんがあって、どこにでも連れて行ってあげるよ、と
言われたら私はどこに行くのかな、
そんなことを考えながら描いていました。

きれいな星空をみながら夜の世界をゆくのもいいし、
雨をすりぬけて
晴れ空に到着、
途中で虹に出会えたりするのもいいな。

絵を描いている時は、リアルなことは何も考えない。
頭の中に現実世界は必要なくて
もしかしたら、どこか別の世界へいける
かけがえのない時間なのかもしれません。

H_AIR.jpg

魔法のじゅうたんで旅をするには
本当に必要なもの以外、何もいらない。
重すぎると、前に進めない。

そんな気がする今日このごろ。

直した絵。
とても気に入っています。

いくつになっても 未分類

01.21.2011 Trackback:0Comment:0


どんなことにも、
こういう気持ちでいたい。

【Youtube】
小さな恋のメロディ「First of May」

風のように 未分類

01.12.2011 Trackback:0Comment:0
昨日、早めに寝たら朝早く目が覚めました。
人間の記憶って頭も体もすごいなって
何となく朝からそんなことを考えました。

今日はある人のお誕生日。
それも覚えているもんなんだなって。

人はいろんな忘れたいことを
自然と忘れる能力を持っているのかもしれないけど、
覚えていたいことを、すべて残せているわけでもないし、
曖昧なことの中にある美しさとか、
答えのないことに対する憧れとか
そういうものに惹かれるのかもしれません。

覚えていおきたい大切なことを
少しずつ忘れているような淋しさと、
忘れたいのに忘れられない切なさも持ち合わせながら。

でも、穏やかな気持ちと
楽しい日々を過ごせるように、と
自分だけではなく、大切なひとにも
そういう毎日であるように、と
願って生きて行きたいなぁと思います。

お誕生日おめでとう。

110112JPG.jpg

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。